スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

 
●MONOPRIX エコバッグ●
100427-2.jpg

 洋の東西を問わず、次々に発売されるエコバッグ。今回、モノプリで見かけたものは配色が好みで飛びつきました。これぞまさに、私が思うフランスが得意とする配色! 邪魔にならない薄型でありながらマチもある容量。日頃、持ち合わせている鞄との色合わせも良くて気に入っています。

100427-3.jpg

 こちらは大きいサイズのエコバッグ。若草色が爽やかです。

●ランキングへGO●
スポンサーサイト
【2010/04/27 19:28】 | 花・生活雑貨 | コメント(0) | page top↑

 
●Carrefour エコバッグ●
091228-2.jpg
 
 カルフールのエコバッグです。この文字に惹かれて買いました。
 Ben にも似ている気がします。

●ランキングへGO●
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 今年も残りわずかとなりました。一年間、アクセスありがとうございました。良いお年をお迎え下さい。
【2009/12/28 12:49】 | 花・生活雑貨 | コメント(4) | page top↑

 
●Le Blanc FRANCE●
091219-2.jpg

 Le Blanc の石鹸、アマリリスの香りです。石鹸そのものはいたってシンプルですが、何といっても魅力は香りとその容器。

091219-3.jpg

 スミレ(過去記事参照)に引き続いての購入です。

●ランキングへGO●
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 てっきり寝違えたのかと思いきや、診断は神経痛でした。大後頭神経炎というそうです。これを機に、生活改善中です。
【2009/12/19 10:33】 | 花・生活雑貨 | コメント(2) | page top↑

 
●サンタール・エ・ボーテ●
091019-1.jpg

 サンタール・エ・ボーテのボディミルクは、ここ数年、私の定番です。フランス製品ですが、国内での購入であってもコストパフォーマンス(保湿力・香り・内容量)に優れているのがその理由。他のメーカーに変えても、結局、これに戻ってしまう程でした。

 愛用品はコットンリネンの香りですが(過去記事参照)、スミレが登場したとのことで買ってみました。ホワイトフラワーとあるので、スミレはスミレでもシロスミレなのでしょうか。プラスチック容器でありながら、こちらのボトルも絵になります。

●ランキングへGO●
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 エリック杯、今回は初めてオンタイムで楽しみました。インターネットは本当に便利で有難いもので、某サイトによるライブ中継にてです。これがもう、ストレスフリーで素晴らしいの一言! 偏向なし、煽りなし、CMもなければ競技中の余計な解説もなし。もう、地上波には戻れないかもしれません(笑)。
 技の解説がないのは心許ないものの、プロトコルを見れば勉強にもなります。ありのままの競技会中継に、オンタイムも含めて大変感動させられました。ジャッジの紹介、全選手の中継、こんな当たり前のことが地上波では一番遠いのですね。
【2009/10/19 15:55】 | 花・生活雑貨 | コメント(4) | page top↑

 
●推定、ボディソープ●


  LE PETIT MARSEILLAIS のボディソープを買いました。いつも固形石鹸ばかりでしたので、楽しみです。例によって、本能が感ずる「いい匂い」を選んだら、結果として好きな色のものともなりました。面白い。

 それにしても、この手の物を選ぶ際にいつも感じます。なんと種類の豊富なこと! だからこそ、小さな疑問も多数生まれます。例えば、風呂と石鹸に対する文化・定義の違いからか、日本でいう「ボディソープ」という単語のものはないのです。シャワージェルであったり、バスジェルであったり。英語ならばまだしも、それがフランス語となりますからますます混乱。で、最後は「カン」となります。

 これらも「カン」での購入品。おまけに徳用サイズです。外したら、これいかに(笑)。

●ランキングへGO●
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 以前、パリ土産の一つとして実家の両親に固形石鹸を渡しました。その際、「これは体も顔も手も洗えるからね」と言うと、父がえらく感心していました。「前から思ってたんだよ。同じ皮膚なのに、なぜ色々と区分するのかな、と」。
 確かにそうです。ハンドソープにボディソープ、洗顔料にシャンプー・リンス。一番最後は別としても、あとは全て同じでも問題ないと思います。同じ皮膚でありながら、ここには使うけどここには使わない。妙な話です。本当に品質に自信のあるものならば、どの部位においても使えるものだと思います。むしろ怖いのは、そういった「区分」を当り前のものと刷り込まれてしまうことかもしれません。
 もっとも、フランス人の場合、単に風呂嫌いで「合理的」なのかもしれませんが(笑)。
【2009/09/22 23:52】 | 花・生活雑貨 | コメント(4) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。