スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

 
●パリとカタチと私●
 こんにちは。お久しぶりです! 何とかやることを終え、年内最後の更新に間に合いました。2005年の締め括り、どうしても書きたかったのです。

 改めまして、前回の休みに際してはコメントをありがとうございました。一つ一つ有難く拝読しております。勝手ながらお返事は割愛させて頂きましたが、お寄せ下さった思いは受け止めています。ブログを綴っていて嬉しい醍醐味の一つです、コメントは。

 今日で2005年が終わろうとしていますが、皆さんにとってはどんな一年だったでしょうか。思い返せば今年の元旦、私は日記にこう綴っています。「今年は何か新しいコトを始めたい。好きなコトや興味のあるコトを“カタチ”にしたい!」。ブログを立ち上げ、「おかいもの市場」を開設したことは自分の中で大きな一歩です。そして、多くの方がお越し下さったり、コメントやお買い上げを通じて交流を持てたことは願っていた“カタチ”そのものです。貴重な経験をさせて頂き、感謝の気持ちでいっぱいです。
 2006年も引き続き、思い描いているカタチの実現と充実に没頭したいと思っています。幾つ実現できるかは分かりませんが、夢や目標があることはシアワセだなぁと感じます。

 さて、今夜は美味~い蕎麦屋へ出掛けます。年始に向けてのやることの山の中、これだけを楽しみに励んできましたから(笑)。ここ数年、頑張った自分への褒美となっています。
 
 皆さん、どうか良いお年をお迎え下さい。愉しく素敵な来年となりますように!

 来年の手帖。Benと共に愉しく!

●ランキングへGO●
休み中クリックして下さった方、ありがとうございました。
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:ライフ

【2005/12/31 14:34】 | 日記 | コメント(16) | page top↑

 
●お休みします●
ご覧の皆さんへ

お越し下さって、ありがとうございます。
多忙につき、しばらくお休み致します。
素敵な年末年始をお迎え下さい。
またお目にかかる日まで。  

管理人・ショコラ


【追記:12月25日】
コメントお寄せ下さった皆さん、ありがとうございます。
有難く拝読しております。
皆さんもお身体にお気をつけて、素敵な年末年始をお過ごし下さい。
ブログにはお邪魔すると思いますので、更新ヨロシク願います(笑)。

なお、少々誤解もあったようなので申しますが、
「おかいもの手帖」を閉鎖する訳ではありません。
(最初に載せた文章が悪かったですね。失礼しました)
やる事の山を前に、今はあえてブログを休むことを選択しました。
年明け後には再開したいと思っていますし、
3回目の「おかいもの市場」も予定しております。
ご期待いただければ幸いです。  

モグモグ…
●ランキングへGO●
【2005/12/22 14:47】 | お知らせ | コメント(12) | page top↑

 
●もうひとりの“ショコラ”(♯27)●
051221-1.jpg

 はじめまして、ショコラといいます。ショコラ夫妻から“ショコラ”と名付けられました。パリ出身、幼児仕様のテディベアです。画像じゃ分かりにくいかな、指しゃぶりが得意です。ワタシの生みの親はドイツのHARMANN社、1000個の限定だとか。先日のパリ旅行でショコラ家と「合流」しました。

051221-2.jpg こういう所があったかくて好きです。

051221-3.jpg

 ワタシの「実家」です。マレ地区のピカソ美術館そば、テディベアにまつわる色々なおもちゃ・雑貨を売っています。ショコラさんはTシャツを買っていました。良かったら遊びに来てください。

●ランキングへGO● 

テーマ:雑貨 - ジャンル:ライフ

【2005/12/21 17:54】 | パリの街角 | コメント(0) | page top↑

 
● Christine Ferber ●
051220-2.jpg

 愛らしい姿のコンフィチュール(ジャム)で有名な、クリスティーヌ・フェルベール氏の著書を買いました。『小さなジャムの家』(ワニマガジン社)。コンフィチュール同様に装丁も可愛らしいです。表紙にはお馴染みの瓶のイラスト、カバーを外せばあのラベルにドットがお目見えです。

051220-3.jpg

 内容は、豊富なレシピとメゾン・フェルベールの歴史について。挑戦してみたいコンフィチュール、美味しそうな品々だらけです。助かるのは巻末にあるメゾン・フェルベールの全コンフィチュールリスト。渡仏前、これでチェックすれば完璧ですね!

051220-4.jpg
 ますます美味しくいただけそうです。

●ランキングへGO●

テーマ:食べ物 - ジャンル:ライフ

【2005/12/20 14:58】 | 書籍・CD | コメント(8) | page top↑

 
●ケロッグ“Special K”●


 パリではじめて食べて以来、かさばるんですが買って帰るようになりました。ケロッグのシリアルは日本にもありますが、このタイプはないんですよね。数種類あるんですが、これはチョコレート入り。日本でチョコレートのシリアルというと、シリアル自体がチョコレートの味。これは、うす削りされたチョコレートが入っているシリアルなのです。これがもう、クセになります! シリアル自体も日本のそれよりも厚くてザクザクした感じ。冷たい牛乳にもすぐにはヘコタレません。チョコレートをついつい多めに入れて食べてしまいます。

051217-2.jpg 051217-3.jpg
 
 今回は同じシリーズのフルーツ・ルージュも買ってみました。想像以上に、ゴロゴロと入っています。その大きさや状態が、乾燥されているとはいえ「まんま」! 味もなかなかですが、思ったよりも甘くはなかったです。甘酸っぱさは適度で良いですが。

 最近、日本にも「Special K」シリーズが登場しましたよね(CMで見ました)。このタイプも上陸することを希望します!

●ランキングへGO●

テーマ:食べ物 - ジャンル:ライフ

【2005/12/17 16:22】 | 食品・菓子 | コメント(4) | page top↑

 
●パリの商店(♯26)●
 パリの街角を散歩していて、いつも思うことがあります。パリの商店は、どうしてこんなにも絵になるのでしょう。パン屋やカフェにはじまり、八百屋・肉屋・花屋に文具屋。いずれの商店であっても、色の利かせ方とモノの魅せ方を心得ているんだろうな、と思わされます。

051216-1.jpg 051216-2.jpg 051216-3.jpg

 例えば店構え。パリの街並みは、調和と統一に優れた街だと思います。でも、だからといって主張していない訳でもない。店構え一つとってもこれだけの色があります。でも、可愛かったりシックだったりと決して街並みを乱す訳でもない。特に目を見張るのは、画像中央の八百屋。箱を使った陳列の仕方・魅せ方、美しく且つ美味しそうです。店主の腕の見せ所ですね。日本でも取り入れてみたら面白いと思います。グッとお洒落な八百屋に変身でしょう!

051216-4.jpg 051216-5.jpg

 陳列といえば、魚介類もなかなかです。一歩間違えばグロテスクだったり臭いだけが鼻につきやすいのですが、画像左のように食欲を刺激する魅せ方です。このレモンの使い方がニクイ! 色の陳列でいつも感心させられるのが、蚤の市でのビーズ売り場。グラデーションに弱い私は、これだけでいつもフラフラと吸い寄せられてしまいます。

 パリの商店の美点は、素材そのものの美しさや美味しさを最大限に魅せるところにあると思います。必要以上に飾らない、でも、損なう訳でもない。これがパリの街並みを彩っているのでしょうね。

●ランキングへGO● 

テーマ:ひとりごと - ジャンル:ライフ

【2005/12/16 20:09】 | パリの街角 | コメント(0) | page top↑

 
●スミレのボウル●
051215-1.jpg

 最近カフェオレボウルへの熱も落ち着いてきてたのですが、先日のパリにて出会ってしまいました。場所は蚤の市、まさに好みのスミレです。シンプルで色使いも少なめ、これがますますスミレを引き立てていると感じます。何とはなしに覗いたお店、出会う時には出会うというか、出会うべくして出会ったと思っている一品です。

051215-2.jpg この古ぼけた感じの文字もいいですね。

●ランキングへGO●

テーマ:雑貨 - ジャンル:ライフ

【2005/12/15 15:16】 | キッチン | コメント(8) | page top↑

 
●旅の思ひ出●
 パリ滞在中の「思ひ出の品」をご紹介します。



 フランスの体温計です。元気なようでいて、実は軽く風邪をひきました。機内や就寝時はマスク着用、室内(ホテル)も乾燥対策とさまざま講じてたんですが、ひく時はひいてしまうんですね。薬と気力で何とかごまかしていたんですが、ある日の午前中だけ、私はホテルで休むことにしました。その時に、最悪に備えて夫に買ってきてもらったものの一つです。不慣れなフランス語で薬局にて購入。夫の必死さと優しさが伝わってくる一品です(笑)。


051214-2.jpg ここがスイッチでオン・オフになります。

 面白かったのがその寝ている時のこと。「Do not disturb」を表示しているにもかかわらず、ハウスキーパーが入ってきました。気配を感じて目覚めた私は寝ぼけ眼で「Non,merci!」。我ながらアッパレです。留学中に外国語で寝言を言うという心境がちょっと分かった程。でもハウスキーパーは「Oh,sorry!」と残して去って行きました。フランス語で返してよ(笑)。 
 結局、この数時間の執念ともいえる眠りで快復し、残りの滞在を満喫しました。ブログの力ってスゴイなと思いました。「せっかくのパリだし、買い付けがまだまだあるし!」といい意味で気力となりましたから。 

051214-3.jpg

 こちらはパリの枯葉で作った押し花です。綺麗にプレスされました。

051214-4.jpg 滞在中フリーペーパーに挟んで、完成!

 書いていたら、改めてパリでのアレコレが浮かんできました。もう二ヶ月近く経つんですね。

●ランキングへGO●

テーマ:ひとりごと - ジャンル:ライフ

【2005/12/14 15:21】 | 日記 | コメント(4) | page top↑

 
●27枚のビスケット●


 ビスケットよりもショコラが好きな私ですが、どうしても欲しいビスケットがありました。

051212-2.jpg

 こんなパッケージでビスケットも可愛いのですが、なぜ欲しかったかと申しますと…

051212-3.jpg 051212-4.jpg

 ミニチュアフードパッケージと「親子」にしたかったからです! 手に出来てますます実感。本当によく出来ています。27枚入りというハンパな枚数。しかし「3×3×3」というある意味規則的でもある美学に、これまた愛おしさを覚えます。

051212-5.jpg

 祈願成就! 念ずれば通ず、いと嬉し。

●ランキングへGO●

テーマ:雑貨 - ジャンル:ライフ

【2005/12/12 13:21】 | 食品・菓子 | コメント(12) | page top↑

 
●更にちいさなマフラー●
051211-1.jpg

 また、ちいさなマフラーを編みました。今度はリスさん用に、配色も考えてこの色で。映えますね~。

051211-2.jpg

 このマフラー、毛糸ではなく刺繍糸で出来ています。こんな風に発色の美しい毛糸も欲しい。

●ランキングへGO●

テーマ:ハンドメイド - ジャンル:ライフ

【2005/12/11 15:11】 | 手芸 | コメント(4) | page top↑

 
●Mr.&Mrs.Smith●
051209-4.jpg

 「壮絶な"夫婦喧嘩"」観て参りました。あれ位やり合ったら気持ちいいでしょうね(笑)。ブラックユーモアあり、アクションあり、ラブストーリーありで面白かったです。ただし、結末がちょっと納得いかないですが。
 それにしても、アンジーのお美しいこと! 何気に私と同い年なんですね。あのしなやかな肢体、動物に例えたらピューマとかチーターでしょうか。劇中では、とにかく彼女のコスプレが楽しめます。まとめ髪で颯爽と歩くスーツ姿もいいし、無造作な(でも計算されている)ダウンスタイルでセクシーなのもいい。二大スターの共演。ブラピもイイ男ですが、アンジーのオーラにちょっと負けている感さえ覚えます。何より、オーシャンズの時と髪型が同じで役柄まで同じに見えてきます。バズーカ片手に「軽くぶっ放すかな!」なんて台詞は特に(笑)。プライベートでも何かと話題のふたりですね!

・・・・・・・・・・・・・・・

051209-5.jpg

 パリで買ってきたお馴染みボンヌママンのショコラ・ノワール。開けてビックリ、紙が出てきました。どうやら割引券のよう。現地で開けていればね、間違いなくこれで追加購入しただろうに。でも、ちょっと嬉しい。券まで赤ギンガムが入っている! 使用期限は来年の6月末までなので、それまでに渡仏する!?(笑)

●ランキングへGO●

テーマ:ひとりごと - ジャンル:ライフ

【2005/12/09 20:24】 | 日記 | コメント(6) | page top↑

 
●パリの街角♯25●
051209-1.jpg

 楽しみにしていた手芸店の一つ、「アントレ・デ・フルニスール」。地図の通りに探しても、すぐに見当たらない。それもそのはず、ちょっと奥まった中庭に面してそれはありました。色取り取りの枯葉、何気なく置かれた自転車、絵になる空間に一瞬息をのみました。

051209-2.jpg

 一面をツタで覆われた外観。店内にはボタンやリボンをはじめ、様々な品々がありました。思い思いに手に取り想像を巡らせる人、店員さんとお喋りを楽しむ人、「好きに自由にみてってね」という空気が流れていました。私も目を輝かせ、物色、選別。手芸好きな方にはたまらない空間だと思います。

051209-3.jpg

 中庭にあった枯葉たち。この色・カタチ、これだけで何かインスピレーションを得られそうな美しさです。

 ここで購入した手芸品を、次回の「おかいもの市場」にて販売いたします。ご期待ください。

●ランキングへGO●

テーマ:雑貨 - ジャンル:ライフ

【2005/12/09 15:51】 | パリの街角 | コメント(9) | page top↑

 
● Terrine de lapin au basilic ●
 私、昨夜ラパン(うさぎ)を食べました!!

051207-1.jpg

 と申しても、いわゆるジビエ料理ではなく、ラパンのテリーヌです。それでも初体験。渡仏する度にその存在は気になっていたのですが、今回、缶詰のテリーヌを購入。味とか倫理以前に、まずこのパッケージが可愛いです。

051207-2.jpg 051207-3.jpg

 感想は…美味しい、イケます! バジルや豚肉も入っているせいかもしれませんが、特に妙なクセもなく、鴨のテリーヌなどとあまり変わらない気が。むしろ、コンビーフの方がはるかにクセがあると思います。後は「倫理観」でしょうか。私、うさぎのモチーフは好きですし、ディック・ブルーナ氏とは誕生日も干支も同じ「卯年」。一線を越してしまった申すか、一皮剥けたと申しますか…「オトナ」になりました!
 それにしても、フランス人はスゴイですね。一般人でもマルシェでラパンを買ってきて、自分で調理するそうですから。あの毛はどうするのでしょう?まさに「ラビットファー」。

051207-4.jpg ところで、どの部位だったのでしょうか?

●ランキングへGO● 

テーマ:食べ物 - ジャンル:ライフ

【2005/12/07 11:27】 | 食品・菓子 | コメント(6) | page top↑

 
●おかいもの市場●
 「おかいもの市場」へようこそ! 小さな「市場」ですが、お気に召すものがあると嬉しいです。今回はキッチン雑貨を中心に更新しました。どうぞごゆっくりご覧くださいませ。ご注文方法については最後にございます。 
  
 ご注文受付:12月6日(火)20時より (それ以前のメールは無効となります) 
 ご質問:いつでもお受け致しますこちらまでお気軽に!

 締め切りました。お買い上げありがとうございました。 
 
  もしもメールフォームが開かぬ場合は、お手数ですがコメント欄にて承ります。
  お名前・ご住所・メールアドレス・ご希望の商品番号および郵送方法をご明記の上、 
  必ず「秘密のコメント」にてご投稿願います(個人情報保護のため)。

●ペーパーナプキン●
 可愛いナプキンを取り揃えました。いろんなものをちょっとずつ、5枚一口の小口販売です。お好みの組み合わせをお楽しみ下さい。 

0201-2.jpg 商品番号:0201 
 美味しそうなパンの絵がいっぱい!香ばしそうなナプキンです。

0202-1.jpg 0202-2.jpg 商品番号:0202
 ドットは紫とピンクの中間色、この配色にはグッときます!
0203-1.jpg 0203-2.jpg 商品番号:0203 
 このウシがとにかく可愛い!おやつの時間にいかがでしょうか。 Merci!
0204-1.jpg 0204-2.jpg 商品番号:0204
 厚手でしっかりとした作り。ディナーにも最適です。
 
 サイズ:33cm×33cm(商品番号0204 は40cm×40cm)
 価格:5枚で300円 (商品番号0204 は400円)

●器・お皿●

0205-1.jpg 0205-2.jpg

 地中海ブルーを彷彿させる発色の美しさです。
 波型の縁はまるで貝殻のようにも。
 器としては勿論、小物入れとしてもいいですね。
 サイズ:幅約11.5cm、高さ約4.5cm
 商品番号:0205 価格:1000円 Merci!

0206-1.jpg 0206-2.jpg

 スプーンの絵柄が素朴でほのぼのとした一枚。
 飾り皿にしても良し、食べ終えて「あら、スプーン!」も楽しいかも。
 サイズ:29cm×8.5cm、高さ2cm
 商品番号:0206 価格:1200円

●キャンドル●

0207-1.jpg 0207-2.jpg

 こんな遊び心のキャンドルはいかがでしょう。
 飾って良し、食べて良し!?
 もったいなくて点火できませんね。
 サイズ:各約5cm×5cm、高さ3センチ
 商品番号:左から0207(桃色)0208(グリーン)
 価格:各1000円

0209-1.jpg 0209-2.jpg 0209-3.jpg

 こちらは本物そっくりなニンジン!
 細部までしっかりと良く出来ています。
 雑貨と一緒に飾ると可愛いですね。ウサギとか馬とか!?
 サイズ:幅約7cm、高さ14cm
 商品番号:0209 価格:1800円

0210-1.jpg 0210-2.jpg

 食卓にキャンドルはいかがでしょうか。
 それだけで、ちょっと特別な食事に変身しそうです。
 クリスマスにも素敵ですね。
 フランスらしい色を選んでみました。
 サイズ:長さ約19cm、口径2cm
 商品番号:左から0210(薄いピンク)0211(濃いピンク)0212(茶)0213(紫)
 価格:各350円

●クロス●

0214-1.jpg 0214-2.jpg 0214-3.jpg

 ジャムをモチーフにした1枚、とにかく可愛いです。
 ジャム瓶とか、フランボワーズの絵柄とか!
 可愛いだけでなく実用度も高い優れものですね。
 サイズ:76cm×50cm 素材:コットン100%
 商品番号:0214 価格:1200円 Merci!

0215-1.jpg 0215-2.jpg

 こちらはチョコレートのような美味しそうな1枚。
 マットとしては勿論、目隠しにも良さそうですね。
 サイズ:70cm×52cm 素材:コットン100%
 商品番号:0215 価格:1000円 Merci!

0216-1.jpg 0216-2.jpg

 お食事に、こんなマットはいかがでしょうか。 
 どちらの色も白い食器が映えそうですね。
 2色ワンセットで。
 サイズ:各45cm×45cm 素材:各コットン100%
 商品番号:0216 価格:1400円(2色ワンセット)

●クロワッサンのフック●
0217-1.jpg 0217-2.jpg

 遊び心とフランスらしさを兼ね備えた一品。
 掛ける度にクロワッサンが食べたくなりそう!?
 鋲や釘などで簡単に取り付けられます。
 サイズ:ヨコ幅約11.5cm
 商品番号:0217 価格:1200円

●バターナイフ●
0218-1.jpg 0218-2.jpg

 持ち手に施された花の絵柄が素敵です。
 朝食も、優雅な気分に浸れそうなナイフですね。
 サイズ:長さ約13.5cm
 商品番号:0218 価格:1000円 Merci!

続きを読む
【2005/12/05 02:04】 | おかいもの市場 | コメント(9) | page top↑

 
●パリの街角♯24●
 パリのカフェを利用する度に、疑問に思うことがあります。



 飲み物には「これが正しい飲み方」というのは、余程のモノでない限りないとは思うんですが、

051204-2.jpg

 例えばこういうモノはどうなのでしょうか。パリでは定番の一つ、バゲットを使ったサンドイッチ。いつも思うんです。フランス人はナイフ・フォークを使っていかに食べるのだろう、と。私の場合、ナイフで四分割にして手で食べています。これはもしかして「正しい食べ方ではないのかな」とどこかビクビクしながら。タイミングよく食べているフランス人がいれば観察したいところですが、街中で食べ歩き姿は目にしても、カフェではなかなか。この場合、フォークはナイフを使うための「添え物」で、まさかこの硬いバゲットに刺して口に運ばないよね、とグルグルまわる思考回路。

051204-3.jpg

 こちらは日本でもよくあるサンドイッチ。でも、日本のように切り分けてある訳でも、具とパンがズレないようにとピックが刺さっている訳でもない。そしてこの盛り上がり(高さ)! 見かけとは裏腹に食べにくいサンドイッチです。どちらも美味しいんですけどね。

 どなたか、「正しい食べ方」をご存知ありませんか?

●ランキングへGO●

テーマ:食べ物 - ジャンル:ライフ

【2005/12/04 15:09】 | パリの街角 | コメント(8) | page top↑

 
●フォーク&スプーン●


 小さな小さなフォーク&スプーンのチャームパーツを買いました。カタチといい風合いといい非常に好み。「食」をモチーフにしたアクセサリーを作ろうと思っています。

051203-2.jpg

 が、ミニチュアと並べてもこれまたしっくりとくる(スケールはバラバラですが)。どちらに使うべきか、いっそのこと買い足すか、悩み始めてしまいました。

●ランキングへGO●

・・・・・・・・・・・・・・・
 
 昨日、上階の人とモメました。洗濯物・布団の干し方や取り込み方で申し出たら、詫びられるどころか食いつかれ「集合住宅なんだから仕方がない」「それじゃあ何もモノが干せなくなる」で終わり。とても理不尽で立腹で、持って行き場のない気持ちで一杯です。
 誰もモノを干すなとは言っていません。ただ、階下のベランダまで垂れ下げて干し、取り込む時には我が家のベランダのギリギリで叩かれたホコリやゴミが肉眼で確認出来るほどに舞い、ベランダ内や干し物に落ちてくる。これをもう少し工夫できないかと申しただけです。私が逆に階下の人からもし申し出があったら改め詫びるし、されたくない事はしたくもないので布団は叩かず(叩いても百害あって一利なしですしね)、ホコリの払いにも注意を払っています。これらは「集合住宅」だからこそです。
 世の中色々な考えの人がいますね。結局、こういう問題では階下の人間が我慢か忍耐を強いられ、どちらかが退室するまで続きます。100対0のパワーバランス。だったらいっそのこと、我が家とそのお宅を逆にして欲しいです。目一杯ホコリを降りかけてあげます。そして「それじゃあモノが干せない」と浴びせてやりたいです。
 信じられない時間に信じられないような騒音、遅くになっての掃除機や洗濯機の音、日付が変わっても聞こえてくる「宴」の音。これでも随分と目はつぶっています。構造的に古い建物ですし、一種の「生活音」として。でも、これらも「集合住宅だから仕方がない」とは決して思いません。心がけひとつ、人間性の問題だと思います。

 いつからこの日本には、挨拶とかルールを守るという精神が消えていってしまったのでしょうか。人と人とが生きる上で、潤滑油でもあり常識でもあったと思うのです。価値観は様々でも、私は自分がされて不快なことはしたくないですし、また相手から不快だと言われることには誠意をもって接したいと思っています。でも正直、そんな思いが強ければ強い程、生き辛かったり、自信をなくすことが多いです。こんな世の中、引きこもっているか、何も言わずに接するのが得策なんでしょうか。目一杯、腹の中には怒りやストレスをためながら! 私にはそんな生き方も出来そうにありません。

テーマ:雑貨 - ジャンル:ライフ

【2005/12/03 15:52】 | 手芸 | コメント(12) | page top↑

 
●Cajoline♯2●
051202-2.jpg

 以前ご紹介したファーファのフランス版「Cajoline」、 例によってスーパーマーケットに見に行ってビックリです! 一年前とパッケージが変わっていました。この寂しげな、ちょっと退屈そうな上目遣い、「どうしたの?」と声をかけたくなるような表情です。この一年で何かあったの?(笑)

051202-3.jpg 051202-4.jpg

 こちらはアロエの香り。笑っています、打って変わって舌まで見せて笑っています!

051202-5.jpg 051202-6.jpg

 容器裏面の使用量を示す絵も可愛いんです。こんなにクマちゃんが喜んでいる! このポイント、着実に貯まってきているんですが、どこへ持っていけばいいのでしょうか?(笑)

●ランキングへGO●

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

【2005/12/02 12:22】 | 花・生活雑貨 | コメント(2) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。