スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

 
●BOUCHERIES●


 こんな絵皿いかがでしょうか。少々グロテスクでありながら、どこかユーモラスさも漂う。ナタリー・レテと MUCHACHA による絵皿です。

070628-2.jpg

 そもそもこの絵皿は、ナタリーの著書『BOUCHERIES(ブシェリ)』から作られたもの。

070628-3.jpg070628-4.jpg070628-5.jpg

 「ブシェリ」とは肉屋のことですが、彼女の腕にかかると独特の世界観を放ちます。生々しい対象物でありながら色使いが美しく、忠実に描くタッチが逆に雑貨的な可愛らしさも生んでいたり。同じく彼女の著書『ナタリー・レテのA to Z』にも紹介されています。お持ちの方、31頁をご覧ください。余談ですが、同著の29頁もいいですね。こんな“キオスク”私も欲しいです!

 さてこの絵皿、やはり肉料理がベストでしょうか?(笑)

●ランキングへGO●
スポンサーサイト
【2007/06/28 23:53】 | キッチン | コメント(0) | page top↑

 
●ギンガムチェックのヘアピン●


 以前「おかいもの市場」でも取り扱った、ギンガムチェックのヘアピン。使う使わないよりも、この存在の可愛さに飛びついてしまいました。ギンガムチェックって、どうしてこんなに愛らしいのでしょう。これで小さな女の子がつけていると、ますます可愛いのでしょうね。デコ出しが似合わない上に今年32歳になる私には、この可愛さを持て余し気味。ご購入された方々は、いかがご愛用でしょうか。

070622-2.jpg

 購入時の袋に貼られたシール。これも可愛いという理由だけで、未だに捨てられずにいます。

●ランキングへGO●
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 H.P.FRANCE の Usagi pour toi からプレセールのお知らせが届きました。明日の空模様も雨のようですが、初日に参戦予定。同じ方、原宿店でお会いしませう!
【2007/06/22 15:21】 | ファッション | コメント(4) | page top↑

 
●イモーテルマスククリーム●


 最近、フェースクリームを変えてみました。ロクシタンのイモーテルマスククリームです。

070619-2.jpg

 以前は同じくロクシタンのシアバターシリーズ、シアリッチフェースクリームを愛用。そちらに比べ、ベタツキ感が少なく肌に弾力が。毛穴の開き具合が変わった気がします(特に鼻の際)。もう夏間近ですからね、同じ保湿でも求めるものが変わってくるのも事実です。塗り方でマスククリームにもなるとのことですが、私は専らクリームとして使用。価格を考えると、とんでもない気もしますし(笑)。

070619-3.jpg

 ロクシタン恒例、「それなりの買い物」をするとバラバラとついてくる試供品(笑)。今回は同じシリーズのフェースウォーターを入手しました。思えば、そもそもこのクリームとの出会いも試供品だったような。「買ったら貰った→試す→良かったから買う(頭に戻る)」という、良縁だか負のスパイラルだかはいつまで続くのやら。私、いい「カモネギ」ですね(笑)。

●ランキングへGO●
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 いよいよ夏が来るんですね。私の大嫌いな夏が。あまりに暑くて、今日は麦茶作りを解禁。扇風機も始動。そして、化粧崩れも日々グレードアップ! 幸い、まだ湿度が低めとはいえ、今夏は猛暑との怖~い予報。本気でこの夏を越せるのか心配になってきました。でも、越さなければ歳をとらずに済むのでしょうか~(笑)。
【2007/06/19 22:14】 | 花・生活雑貨 | コメント(0) | page top↑

 
●ワインジャム(ソービニヨン)●


 以前になりますが、ワインジャム(メルロー)の記事をしたためました(過去記事参照)。今回はその対、白ワインのジャムとなります。赤ワイン同様、芳醇さが際立つジャムで、その強さは赤よりも白の方が強く感じたり。甘さもかなり控えめのため、ジャムそのものを主役にして食すのが美味しそうです。毎度のことながらヨーグルトにあえてみましたが、あまりにサッパリ! 以前、読者の方が教えて下さったように、チーズと食すなど「つまみ」として楽しむ方が良さそうです。

 それにしても、赤といい白といいワインをジャムにするあたりがフランスらしいですね。パッケージの良さは言うに及ばず。

●ランキングへGO●
【2007/06/16 10:10】 | 食品・菓子 | コメント(0) | page top↑

 
●Cajolineがいっぱい!(♯60)●


 パリのスーパーマーケット・モノプリに陳列された Cajoline の数々。眺めているだけて幸せな気持ちになります。ああ、全部欲しい(笑)。昨秋の渡仏では、お馴染みの柔軟剤に加え「新作」も買ってみました。画像上部に写っている、箱型の Cajoline を。入浴剤にあるような、カプセル型になっています。洗濯という作業がますます楽しくなりそうな一品。箱はもちろん永久保存です。

070614-2.jpg

  Cajoline コレクターとして、いつかは手を出したいと思っているのが特大サイズの Cajoline です(画像中央)。セキュリティー強化に重量制限の締め付けが厳しい昨今、果たして夢は叶えられるのか。いっそのこと、ガツンと買って宅急便でまた送るとしましょうか。

070614-3.jpg

 余談ですが、一年振りのモノプリには新しいカートが登場していました。特大カートほど買わないけれど、カゴを持ち歩くのは重い、そんな時に非常に便利なカートです。特大カートのようにユーロを用意する必要もないことも(注:特大カートを使うには1ユーロが必要。後で戻ってきますが、こういう時に限って小銭がない!なんてこともあったりします)。小回りが利くので広い店内もスイスイ。「結局、詰め込みすぎて重い」なんてことに要注意です。ちなみに、足モデルは夫です(笑)。

●ランキングへGO●
【2007/06/14 19:24】 | パリの街角 | コメント(6) | page top↑

 
●GATEAU DE VISAN EN PROVENCE AUX AMANDES●


 モノプリにて購入の焼き菓子ですが、スーパーマーケットにしては高めの価格でした。それでも惹かれたのは、このパッケージに六角形という形状。更にこちら、缶入りのケーキなのです。積み上げられて売られていたのも納得、缶ならば潰れもせず、しっとりとした品質も保てますからね。画像手前がノーマル、奥がショコラ味です。買わなかったレモン味も、今になって気になってきたり。缶入りなので、開封時がちょっとペットフード気分ですが(笑)馬鹿に出来ない美味しさでした。人へのお土産にも良いかもしれません。

 ちなみに VISAN(ヴィザン)とはプロバンス地方の町の名で、トリュフの産地として有名だとか。私の旅はいつもパリばかり。たまには違う街へもと思いながら、結局、またパリへ引き寄せられてしまいます。行かれた方、いらっしゃるでしょうか。

●ランキングへGO●
【2007/06/10 22:20】 | 食品・菓子 | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。