スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

 
●化粧ポーチ●


 先日、化粧ポーチを新調しました。選択理由は何と言ってもこの発色。ピンクと紫を混ぜたような色味です。分かりますよね、私が食いつきそうであることが(笑)。この辺の絶妙な色合いが、やはりアニエスだと感じさせられます。秋冬物にも早速、この手の発色のカーディガンがありました。多分買います(笑)。

070728-2.jpg

 化粧ポーチといえば、皆さん、何かこだわりはありますか。私は数々の経験から、ナイロン製を選ぶようにしています。どんなに可愛くても布製は汚れが落ちにくく、ビニール製は劣化が免れない。ナイロン製のタフでありながらザックリと入る点に勝るものなしです。更に、内ポケットで仕分けが出来るものであれば尚のこと。今回のポーチはその点もクリアなのでルックスといい満点です。

●ランキングへGO●
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ご存知の方がいらしたら教えて下さい。チョコレート色のスパッツを探しています。黒やグレーはよく目にしますが、茶が欲しいのです。なんでないんだろう。
スポンサーサイト
【2007/07/28 22:46】 | ファッション | コメント(4) | page top↑

 
●BB●


 通算三足目の repetto ですが、今回、はじめての BB です。私の足には似合わないと敬遠していましたが、実際、試してみたらなかなかの履き心地。好みのカタチはやはり CENDORILLON ですが、これはこれで良いですね。ちょっとシャープでありながらシルエットはより女らしく、パンツの裾からチラッとみえるのが似合いそうです。こちらの色「コカ色」といいます。フランス語でいうところの「コーラ色」。アンティーク風メタルで、どんな服装にも合わせやすくアクセントにもなります。repetto は発色が美しいだけに紫やピンク系にも目移りしますが、結局、私の靴の基本は茶系です。

070716-2.jpg

 余談ですが、パリで購入した際の店員さんが面白かったです。画像の靴、サイズが38.5なのですが、幾度「ハーフ(Half)」と発音しても頑なに「アルフ」と返ってくる。会話としては成立しているらしく頼んだサイズが出てくるのですが、どうやらフランス語的に「アッシュ(H)」を読んでいないのです。これが噂に聞く「フランス式英会話」! 大勢に影響ないですし、以後は私も郷に従いました(笑)。
 それにしても、この「0.5」の違いは大きいですね。日本ではあまり目にしない中間サイズですが、いつもサイズ選びでお困りの方にはオススメです。私の場合、38でも履けなくないが39だと大きすぎる、と悩んでいましたので。

●ランキングへGO●
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 改めまして、先日の記事ではコメント・メールを頂戴しましてありがとうございました。いつにも増して嬉しく、心強くもありました。大変遅ればせながら、心よりお礼申し上げます。現在の心境を申しますと、三歩進んで二歩下がる。落胆の底をまだ打っていない状況ゆえ、今後、また一気に落ちる可能性も含んでいます。が、それでも一歩は前進の日々。皆さんからのお言葉のように、少しずつ落ち着いて参りたいと思います。
 ということで、その為にも引き続きブログは更新していく次第です。すっかりと低空飛行ですが、末永くお付き合い下されば幸いです。尚、コメント・メールへのお返事はこれより順次いたします。少し時間がかかるかもしれませんが、気長にお待ちいただければと思います。ごめんなさい。何よりも、まずは感謝です。 
【2007/07/16 22:18】 | ファッション | コメント(2) | page top↑

 
●人生万事塞翁が馬●
 実は、と申す程のことではないですが、ここ数週間、沈みがちです。ある一件で、なかなか立ち直れずにいます。浮いたかなと思うと、また、沈んだり。結局のところ、現実を受け入れて時間の解決となるのでしょうが、今はまだその過渡期の模様。普段楽しいと感ずることもあまり興味を覚えず、物欲・食欲からはかなり遠ざかっているこの頃です。そして、このブログもそんな要素の一つ。正直、落ち着くまでは休んだ方がいいのかと迷っています。しかしその反面、立ち直るキッカケになり得るかもしれない、とズルズルと低空飛行の更新を続けてもいたり。ご覧くださっている方にとっては、どちらがいいものなのでしょう。何とも、中途半端でお粗末な!

 気分の一新も狙って、突如、髪型をマイナーチェンジしてきました。予想以上の仕上がりに、少しは気分も上向いたような。思うに、この一件が私にとっての「厄」だと感じています。今のところ健康上に大きな問題はない分、心への挑戦状。これを乗り越えられれば、人間としての経験値を押し上げる気がします。人生万事塞翁が馬、マイナスもプラスに転換できる器でありたいものです。


こんな時こそ、旅なんだろうな。

●ランキングへGO●
【2007/07/06 22:07】 | 日記 | コメント(18) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。