スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

 
●CHILI●
 
 
 リンツチョコレートに、唐辛子味があるのをご存知でしょうか。私はパリ滞在中、夫が見つけたことにより知りました。「どんな味だろう?」「面白そうだね」と好奇心で買ってみました。


080827-2.jpg
 
 一見すると、ただのチョコレート。エクセレンスシリーズですから、なめらかで濃厚な味わいです。が、その後にくるチリペッパーのホット感。チョコレートを口にして、体があたたまってくる感じは初めてです。そして、意外と残るその辛さ。貴重な味覚経験となりました。が、私は二度目の購入はなさそうです(苦笑)。

 リンツのチョコレートと言えば、もう一つ、カカオ99%味でも文字通り「苦い思い出」があります。あれは、もはやチョコレートではない! いくらビターチョコレートが好きとはいえ、70%位が美味しいのだと勉強になりました。どちらも国内でも購入可能、ご興味おありの方は是非ご賞味ください。逆オススメでした(笑)。

●ランキングへGO●
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 深浦加奈子さんの死去に大変驚いています。彼女、まだ48歳ですよ…。「スウィート・ホーム」また見たくなりました。
スポンサーサイト
【2008/08/27 09:05】 | 食品・菓子 | コメント(8) | page top↑

 
●nutella●


 塗る度に、厚さを増していってしまう、それが私にとっての nutella です。当初は、そんなに美味しいとは思いませんでした。不味くはないがチョコレートだけの塗りものの方が良いな、と。変わったキッカケは、パリでのクレープ。以来、例え食パンに塗っていようが、あの美味しさが再現されているかのように思えます。

 ちなみに、右はミニチュアの nutella 、お約束の「親子」共演です。

●ランキングへGO●
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 余談ですが、私、パンの耳が大好きです。食パンの美味しさ・香ばしさはここにあり、耳だけでも充分です。パン屋さんで貰える耳ばかり集めた袋、特に好きなのは全面が耳となる端の面です。イギリスパンの端なんて最高ですね(笑)。サンドイッチも耳ありが好き。切り落とすなんて勿体ないです。
【2008/08/18 15:02】 | 食品・菓子 | コメント(10) | page top↑

 
●IENA(♯73)●


 何号線かに乗車中、ふと目にした駅名が“IENA”。あのブランド名と同じだわ、と思っていたら…

080815-2.jpg

 景観ぶち壊しな車両が場内に。日本ならば確実に器物損壊罪、堂々と、こんな車両を運行させません。こんなところもパリらしさかしらん(でもセンスないなぁ、この落書きは)。

●ランキングへGO●
【2008/08/15 15:35】 | パリの街角 | コメント(2) | page top↑

 
●クライマーズ・ハイ●


 本日、日航機墜落事故から23年。私の中では決して風化していません。先日、映画「クライマーズ・ハイ」を鑑賞。とても意義のある作品でした。事故を主題にしたものですが、「現場」感覚が前面に押し出された社会派映画。書くとは何か、伝えるとは何か、働く男たちを通して見せられた感です。演者、制作陣、そして鑑賞側もクライマーズ・ハイになる作品と思います。

 画像は7月28日・夕刻の空。何もかもを赤く染め上げる見事な夕焼けでした。

●ランキングへGO●
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 喪失感に苦しんでいます。悲しいのに涙が出ない、これが一番苦しいのかもしれません。
【2008/08/12 21:03】 | 日記 | コメント(2) | page top↑

 
●マロンクリーム●


 パリのスーパーマーケットで売られている、チューブタイプのマロンクリーム。同じもので缶詰タイプもありますが、私は手軽なこちらが好きです。缶は残す楽しみがありますが。

080804-2.jpg

 お得な三本パックもあります。並べると、絵の具か歯磨き粉のようにも見えてきたり(笑)。

●ランキングへGO●
【2008/08/04 22:46】 | 食品・菓子 | コメント(2) | page top↑

 
●ドログリー・タネール(♯72)●


 目印は、何といっても軒先に連なる数多のカゴ。

080801-2.jpg

 パリ6区にある Droguerie Thanner(ドログリー・タネール)。雑貨好きの女性ならば、じっくりと見たくなる店内です。カゴに始まりエプロンあり、食器あり、洒落た色使いのスリッパあり。高級ブランドではない、されど、パリで生活雑貨を選ぶ楽しさが凝縮された店だと思います。

●ランキングへGO●
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 『ノルウェイの森』の映画化、私はガッカリです。今更、映像化などしなくても、各人の頭の中にそのイメージは定着しているものと思います。どうかそれを壊すような、陳腐な映画にだけはしないで下さい。とはいえ、キャスティングが気になって仕方がないのも事実ですが。
【2008/08/01 22:49】 | パリの街角 | コメント(6) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。