スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

 
●リラックマ靴下●


 どれから履くか、真剣に悩みます。

090626-2.jpg

 やっぱり、これからだと思いますよ。

 7月は新シリーズの発売に、リラックマキャラバンも開始。楽しみです。

●ランキングへGO●
スポンサーサイト
【2009/06/26 21:52】 | リラックマ | コメント(12) | page top↑

 
●AIR FRANCE ベア●
090625-2.jpg

 機内のみ販売のクマ。「フライトベア」「パイロットベア」とも呼ばれるそうです。16ユーロと手頃だからか、何気に品切れていることも少なくありません。やっと入手です。

090625-3.jpg

 作りはやや粗いですが、茶のフライトジャケットに赤のスカーフが引き立ちます。

●ランキングへGO●
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ブラックボックス、その後どうなったのでしょう。気になります。
【2009/06/25 15:39】 | 雑貨 | コメント(0) | page top↑

 
●最多記録、更新●
090620-2.jpg

 Cajoline を買いました。「最多記録」更新、6本です。ボーリングが出来そうです。
 (註:「最多記録」とは、一度の渡仏での購入本数のことです)

090620-3.jpg
090620-4.jpg

 相変わらず可愛いです。上段、ポージングが似ていても、色による印象の違いが面白い。
下段は新作、パッケージの印象そのままに優しい香りです。

090620-5.jpg

 一方、こちらは異色性に目が行った1本。ポージングこそ群を抜いて可愛いものの、どこか毒々しい。Cajoline としても柔軟剤としても、「らしくない」配色です。

 この記録、厳密にいえば7本でした。帰国前に1本破損。惜しい!

●ランキングへGO●
【2009/06/20 23:58】 | 花・生活雑貨 | コメント(10) | page top↑

 
●モントルイユ蚤の市(♯86)●


 モントルイユ蚤の市へ行って参りました。渡仏六度目にして初めてのことです。

090615-2.jpg

 所狭しとテントが立ち並び、全体的には衣料品が多かった印象。そんな中で、私にとっては掘り出しものを見つけました。

090615-3.jpg

 DANONE の陶器製ポット。私の知る限り、初めて目にしたものです。コレクションに加わった新たな一品。これだから、家庭の食器棚から出して来たような蚤の市には、見つける楽しさがあります。ひょっとしたら、レアものでしょうか。

 最寄はメトロ9号線 Porte de Montreuil 駅、蚤の市横のカルフールも楽しめます。

●ランキングへGO●
【2009/06/15 01:04】 | パリの街角 | コメント(2) | page top↑

 
●大人買い●
 最近、すっかりとリラックマに熱量を奪われています。増殖・増殖、日々、増殖。



 寝袋リラックマ。たらこキューピーと、共通の可愛さを覚えます。

090608-2.jpg

 念願だったリップクリームも入手。可愛いので、夫にも一本(笑)。

090608-3.jpg090608-4.jpg

 関連書籍は一気にドーンと。ついてくるプレゼント応募ハガキが、いずれも締切日を過ぎているあたりが出遅れ感たっぷり(笑)。好きなカット、初めて目にするイラストに感無量。こう見えて、奥が深い一冊でもあります。添えられている言葉の数々に、納得したり笑ったり。ストラップも変えてみました。

 パリも好きです。リラックマも好きです。
 短期間で売れて消えていくのではなく、細く長く、存続し続けて欲しいと願っています。

【オマケ】 
 ■リラックマ 4クママンガ/コンドウアキ(主婦と生活社)■
 最近、連載がはじまった4コマ漫画。月曜日の小さな楽しみです。

●ランキングへGO●
【2009/06/08 20:48】 | リラックマ | コメント(0) | page top↑

 
●The French Factory●
090602-1.jpg

 The French Factory (ザ・フレンチ・ファクトリー)のネックレス。初めて知りました。パリで人気上昇中の若手クリエイターだとか。

090602-2.jpg

 リボンのあしらい方、小瓶の使い方がとても魅力的。こういった類のアクセサリーは本当に好みです。

090602-3.jpg090602-4.jpg

 キッカケは一冊の本から。エディシォン・ドゥ・パリ編『パリジェンヌのロマンティックなアクセサリー』に掲載されていたこと。同ブランドのヘアピンも可愛いです。

090602-5.jpg090602-6.jpg

 取り扱い店の graphia+(グラフィア・プリュス)では、こんな雑貨も一緒に購入。

 滅多に行かない新宿(苦手なんです)、最後はいつでしたっけ状態の丸井。一冊の本から新しいブランドを知り、行動と刺激の幅を広げる結果となりました。

●ランキングへGO●
【2009/06/02 23:45】 | ファッション | コメント(1) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。